よくある質問

HOME » よくある質問 » 学習・不安その他

よくある質問 » 学習・不安その他

動物が行動しないことにより、電気ショックを回避する学習行為です。具体的には、明・暗の二つの部屋を行き来できる装置で,明室に入れた動物が暗室に入ったときに電気ショックを与えると,翌日以降、動物は電気ショックがなくても暗室に入らなくなる受動回避反応が生じます。一方、それとは反対に動物... 続きを読む »

ページ先頭へ

明暗箱を用いて、動物が明室から暗室に入った時に電気ショックを与える方法をステップスルー型(step through type)といい、実験箱に設置した小さなプラットフォームから床に降りると電気ショックを与える方法をステップダウン型(step down type)といいます。メルク... 続きを読む »

ページ先頭へ

測定は外部環境からの動物への刺激を最小とするよう静かな場所で行い、獲得試行と再生試行で環境が同じになるように、観察者も同じ場所に座るなど十分注意して行ってください。続けて複数の動物で試験する際には、試験の間にケージ内を十分きれいにして、前の動物のにおいが残らないように注意してくだ... 続きを読む »

ページ先頭へ

マウス用とラット用のパッシブアボイダンスシステム(受動的回避試験装置)をご用意しております。また、それぞれに時間の自動計測機能がついたセンサー付きタイプと手動で測定するマニュアルタイプ(センサー無し)の計4種を販売しております。センサー付きは、明暗のアボイダンスケージとステップス... 続きを読む »

ページ先頭へ

暗箱側の床にのみ電撃がかかります。

ページ先頭へ