よくある質問

HOME » よくある質問 » 運動量測定装置 ビームセンサー方式

よくある質問 » 運動量測定装置 ビームセンサー方式

LOCOMOは、センサーの脚がネジによって伸縮することにより、高さ調整が可能です。

ページ先頭へ

「SCANETとの違いは何ですか」の回答欄でも記しましたが、LOCOMOはセンサー間隔が粗いため、位置判別はできません。

ページ先頭へ

現在のところ、立ち上がり検出用のLOCOMOセンサーは作っておりません。

ページ先頭へ

センサー密度が大きく異なります。SCANETは、5mm若しくは6mm間隔ですが、LOCOMOは70mm程度です。それゆえ、SCANETでは動物の位置の判定や行動軌跡描画を行うことができますが、LOCOMOにはその機能がありません。

ページ先頭へ

長期計測の使用例もございます。

ページ先頭へ

LOCOMOに測定ケージ類は付属しません。別途販売はいたします。

ページ先頭へ

LOCOMOセンサー、電源供給のためのCIFPBX、カウントするためのCIF-Ⅲ、さらにソフトウェアが必要です。

ページ先頭へ

LOCOMOは近赤外線フォトビームセンサーを使用し、動物がセンサーを横切る回数をカウントします。

ページ先頭へ

マウス用LS-5、ラット用LS-6、LS-7、LS-8、LS-8MVとラインナップされています。

ページ先頭へ