新着・学会展示情報

HOME » 新着・学会展示情報

メルクエストは2017年10月28日(土)~29日(日)に開催される「第24回日本時間生物学会」にブース出展致します。

 

展示会にお越しの際は、是非、当社ブースにお越しくださいませ。皆様のご来場を、心よりお待ちしております。

 

   展示期間: 2017年10月28日(土) ~29日(日)

   会場:京都大学吉田キャンパス 

   学会概要:学会公式サイトをご覧くだい

以下の論文を追加しました。当社のラット用摂餌量測定装置が使われています。

論文情報はこちらからご覧になれます。

 

Time-dependent effects of ipragliflozin on behaviour and energy homeostasis in normal and type 2 diabetic rats continuous glucose telemetry analysis
SCIENTIFIC REPORT 7:11906 DOI:10.1038/s41598-017-12106-y 
Hiroyuki Iuchi, Masaya Sakamoto, Daisuke Matsutani, Hirofumi Suzuki, Yosuke Kayama, Norihiko Takeda, Susumu Minamisawa&Kazunori Utsunomiya

当社は2017年9月25日(月)~27日(水)に開催される「日本味と匂学会第51回大会」にブースを出展致します。

 

展示会にお越しの際は、是非、当社ブースにお越しくださいませ。皆様のご来場を、心よりお待ちしております。

 

   展示期間: 2017年9月25日(月) ~27日(水)

   会場:神戸国際会議場 (神戸市中央区港島中町6-9-1)

   学会概要:学会公式サイトをご覧くだい

メルクエストは2017年9月7日(木)~9日(土)に開催される「第60回日本神経化学会大会」にブースを出展致します。

 

展示会にお越しの際は、是非、当社ブースにお越しくださいませ。皆様のご来場を、心よりお待ちしております。

 

   展示期間: 2017年9月7日(木) ~9日(土)

   会場:仙台国際センター 〒980‐0856 宮城県仙台市青葉区青葉山

   学会概要:学会公式サイトをご覧くだい

誠に勝手ながら、2017年8月11日(金)~8月16(水)の期間、お盆休みとさせていただきます。
休み期間中のお問合せに関しては弊社のホームページのお問合せフォームもしくはメール info@melquest.com にてお願いいたします。
期間中は大変ご不便おかけいたしますが、何卒ご了承くださいますよう宜しくお願い申し上げます。

以下の論文を追加しました。当社のマウス用回転かごSW-15Sが使われています。論文情報はこちらからご覧になれます。

 

Yonekawa T, Malicdan MC, Cho A, Hayashi YK, Nonaka I, Mine T, Yamamoto T, Nishino I, Noguchi S.(2014)
Sialyllactose ameliorates myopathic phenotypes in symptomatic GNE myopathy model mice.

以下の論文を追加しました。当社の睡眠障害モデルマウス作製装置が使われています。

論文情報はこちらからご覧になれます。

 

Eriko N.Minakawa, Koyomi Miyazaki, Kazushi Maruo, Hiroko Yagihara, Hiromi Fujita, Keiji Wada, Yoshitaka Nagai (2017)
Chronic sleep fragmentation exacerbates amyloid β deposition in Alzheimer's disease model mice

1ビンリッキングテスト装置  のページを追加いたしました。マウス(ラット)の味覚嗜好性を実験するシステムです。製品ページはこちらから

以下の論文を追加しました。当社の小動物握力測定装置が使われています。論文情報はこちらからご覧になれます。

 

Role of allopregnanolone biosynthesis in acute stress-induced anxiety-like behaviors in mice
First published: DOI: 10.1002/syn.21978
Kazumi Yoshizawa,Ayano Okumura,Kozue Nakashima,Tomoyo Sato,Tatsuya Higashi

以下の論文を追加しました。当社のLOCOMO(ケージ設置型運動量測定装置)が使われています。論文情報はこちらからご覧になれます。

Negative rebound in hippocampal neurogenesis following exercise cessation
Takeshi Nishijima, Yoshika Kamidozono, Atsushi Ishiizumi, Seiichiro Amemiya, and Ichiro Kita
Department of Health Promotion Sciences, Graduate School of Human Health Sciences, Tokyo Metropolitan University, Tokyo, Japan

各種サービス

製品のカスタマイズやその他のサービスこちら。

よくある質問

製品についてのよくある疑問点に丁寧にお応えいたします。

メルクエストチャンネルで製品の紹介や使用方法など動画で紹介