新着・学会展示情報

HOME » 新着・学会展示情報

誠に勝手ながら、2017年8月11日(金)~8月16(水)の期間、お盆休みとさせていただきます。
休み期間中のお問合せに関しては弊社のホームページのお問合せフォームもしくはメール info@melquest.com にてお願いいたします。
期間中は大変ご不便おかけいたしますが、何卒ご了承くださいますよう宜しくお願い申し上げます。

以下の論文を追加しました。当社のマウス用回転かごSW-15Sが使われています。論文情報はこちらからご覧になれます。

 

Yonekawa T, Malicdan MC, Cho A, Hayashi YK, Nonaka I, Mine T, Yamamoto T, Nishino I, Noguchi S.(2014)
Sialyllactose ameliorates myopathic phenotypes in symptomatic GNE myopathy model mice.

以下の論文を追加しました。当社の睡眠障害モデルマウス作製装置が使われています。

論文情報はこちらからご覧になれます。

 

Eriko N.Minakawa, Koyomi Miyazaki, Kazushi Maruo, Hiroko Yagihara, Hiromi Fujita, Keiji Wada, Yoshitaka Nagai (2017)
Chronic sleep fragmentation exacerbates amyloid β deposition in Alzheimer's disease model mice

1ビンリッキングテスト装置  のページを追加いたしました。マウス(ラット)の味覚嗜好性を実験するシステムです。製品ページはこちらから

以下の論文を追加しました。当社の小動物握力測定装置が使われています。論文情報はこちらからご覧になれます。

 

Role of allopregnanolone biosynthesis in acute stress-induced anxiety-like behaviors in mice
First published: DOI: 10.1002/syn.21978
Kazumi Yoshizawa,Ayano Okumura,Kozue Nakashima,Tomoyo Sato,Tatsuya Higashi

以下の論文を追加しました。当社のLOCOMO(ケージ設置型運動量測定装置)が使われています。論文情報はこちらからご覧になれます。

Negative rebound in hippocampal neurogenesis following exercise cessation
Takeshi Nishijima, Yoshika Kamidozono, Atsushi Ishiizumi, Seiichiro Amemiya, and Ichiro Kita
Department of Health Promotion Sciences, Graduate School of Human Health Sciences, Tokyo Metropolitan University, Tokyo, Japan

以下の論文を追加しました。当社の小動物握力測定装置が使われています。論文情報はこちらからご覧になれます。

Modified forelimb grip strength test detects aging-associated physiological decline in skeletal muscle function in male mice 
Scientific Reports 7, Article number: 42323 (2017) doi:10.1038/srep42323
Hikari Takeshita, Koichi Yamamoto, Satoko Nozato, Tadakatsu Inagaki, Hirotsugu Tsuchimochi, Mikiyasu Shirai, Ryohei Yamamoto, Yuki Imaizumi, Kazuhiro Hongyo, Serina Yokoyama, Masao Takeda, Ryosuke Oguro, Yoichi Takami, Norihisa Itoh, Yasushi Takeya, Ken Sugimoto, So-ichiro Fukada& Hiromi Rakugi

マウス用回転かご(回転ケージ)RWC-15の製品ページに新着動画を追加いたしました。
詳細はこちらから⇒http://www.melquest.com/products/item-000310-ja.html

以下の2つの論文を追加しました。当社の行動解析装置SCANETのAQモード(強制水泳試験)、MOVEモード(オープンフィールド試験)が使われています。論文情報はこちらからご覧になれます。

 

(1) Tashiro T, Murakami Y, Mouri A, Imamura Y, Nabeshima T, Yamamoto Y, Saito K. Kynurenine 3-monooxygenase is implicated in antidepressants-responsive depressive-like behaviors and monoaminergic dysfunctions. Behav Brain Res. 2017 Jan 15;317:279-285. doi: 10.1016/j.bbr.2016.09.050.  PMID: 27693848

 

(2) Murakami Y, Ishibashi T, Tomita E, Imamura Y, Tashiro T, Watcharanurak K, Nishikawa M, Takahashi Y, Takakura Y, Mitani S, Fujigaki H, Ohta Y, Kubo H, Mamiya T, Nabeshima T, Kim HC, Yamamoto Y, Saito K. Depressive symptoms as a side effect of Interferon-α therapy induced by induction of indoleamine 2,3-dioxygenase 1. Sci Rep. 2016 Jul 20;6:29920. doi: 10.1038/srep29920. PMID: 27436416

 

 

当社は、「社会的敗北ストレス試験」に対応する製品を発売しました。既にSCANETを導入されていらっしゃる方の場合、社会性行動試験による評価が、モード追加のみで容易に且つ客観的に実施できます。
製品情報はこちらから

よくある質問

製品についてのよくある疑問点に丁寧にお応えいたします。

メルクエストチャンネルで製品の紹介や使用方法など動画で紹介