新着・学会展示情報

HOME » 新着・学会展示情報 » 新着情報 » 行動解析装置SCANETを用いた論文を追加しました

新着情報

新着・学会展示情報

以下の2つの論文を追加しました。当社の行動解析装置SCANETのAQモード(強制水泳試験)、MOVEモード(オープンフィールド試験)が使われています。論文情報はこちらからご覧になれます。

 

(1) Tashiro T, Murakami Y, Mouri A, Imamura Y, Nabeshima T, Yamamoto Y, Saito K. Kynurenine 3-monooxygenase is implicated in antidepressants-responsive depressive-like behaviors and monoaminergic dysfunctions. Behav Brain Res. 2017 Jan 15;317:279-285. doi: 10.1016/j.bbr.2016.09.050.  PMID: 27693848

 

(2) Murakami Y, Ishibashi T, Tomita E, Imamura Y, Tashiro T, Watcharanurak K, Nishikawa M, Takahashi Y, Takakura Y, Mitani S, Fujigaki H, Ohta Y, Kubo H, Mamiya T, Nabeshima T, Kim HC, Yamamoto Y, Saito K. Depressive symptoms as a side effect of Interferon-α therapy induced by induction of indoleamine 2,3-dioxygenase 1. Sci Rep. 2016 Jul 20;6:29920. doi: 10.1038/srep29920. PMID: 27436416

 

 

よくある質問

製品についてのよくある疑問点に丁寧にお応えいたします。

メルクエストチャンネルで製品の紹介や使用方法など動画で紹介