よくある質問

HOME » よくある質問

よくある質問 » 「睡眠障害モデルマウス作成装置」の関連商品

餌箱を交換し、重量センサーを取り付けますと、弊社の摂餌量測定装置FDMのシステムに接続することができるようになります。

ページ先頭へ

水は使用してもしなくても構いません。動物は水を嫌いますので、水を使うと、ストレスはさらに強く作用します。

ページ先頭へ

順化のあと、睡眠障害ケージにすばやくなじむためにも、回転輪はSW-15Sのものと全く同じ仕様です。

ページ先頭へ

いきなりこの装置に動物を入れますと作用するストレスが強すぎる恐れがあります。必ず姉妹機の回転かごSW-15Sの中で慣れさせてください。従いまして、SW-15Sとセットでお使いいただくことをお勧めしております。

ページ先頭へ

フタを持ち上げて動物を出し入れします。

ページ先頭へ

回転輪は取り外して、ぬるま湯につけておくと、汚れがとれやすくなります。

ページ先頭へ

マウス用回転かごはケージ標準サイズRWC-15とケージ小型サイズRWC-15S。 ラット用回転かごは、標準タイプSWY-30、回転輪ワイドタイプSWY-30W、特殊タイプSWY-10Y-4Pをご用意しております。

ページ先頭へ

1