製品情報 » 回転かご式自発運動量測定

HOME » 製品情報 » 回転かご式自発運動量測定

製品情報 » 回転かご式自発運動量測定

オートクレーブ滅菌対応可能。飼育ケージに回転かご(ランニングホイール)を乗せた構造なので清掃が簡単。痛みの研究、概日リズム(概日周期)や日内リズム(日周リズム)、睡眠障害等の研究にご活用いただけます。

マウス用回転かご(回転ケージ) RWC-15

回転かご式自発運動量測定 標準仕様(飼育ケージ式)

マウス用回転かご(回転ケージ) RWC-15

製品型番:RWC-15

市販の飼育ケージを用いた回転かご式自発運動量測定装置です。概日活動(サーカディアン)リズムの計測をはじめとし、疲労や痛みの研究にもお使いいただいております。

製品詳細を見る

ラット用回転かご(回転ケージ) SWY-30/SWY-30W/SWY-30-4P

回転かご式自発運動量測定 標準仕様(飼育ケージ式)

ラット用回転かご(回転ケージ) SWY-30/SWY-30W/SWY-30-4P

製品型番:SWY-30/SWY-30W/SWY-30-4P 

ラット用回転かご。リズム計測にご利用ください。標準タイプ、肥満ラット用タイプ(回転輪の幅が標準タイプより10mm広い)、高感度タイプの3種類をご用意しております。

製品詳細を見る

回転かごミニシステム

回転かご式自発運動量測定 標準仕様(飼育ケージ式)

回転かごミニシステム

製品型番:RWC-15 minisystem

少数台でスタートしたい方には、2台または4台限定の導入版システムがおすすめです。

製品詳細を見る

脳波・ダイヤリシス実験対応型回転かご【実用新案取得済】

回転かご式自発運動量測定 脳波・ダイヤリシス実験

脳波・ダイヤリシス実験対応型回転かご【実用新案取得済】

製品型番:RWC-15FM(マウス用) / RWC-30FM(ラット用)

マイクロダイヤリシス実験と運動量の同時測定を実現しました。In vivo条件下での回転かご行動と生理指標の測定が可能です。マウス用とラット用をそれぞれご用意しております。

製品詳細を見る

睡眠障害モデルマウス作製装置

回転かご式自発運動量測定 睡眠障害モデルマウス作製装置

睡眠障害モデルマウス作製装置

製品型番:SW-15-SD

ストレスによる睡眠障害モデルマウスを作製することに特化した特殊な飼育ケージ【特許第5975481号】。あらかじめ標準のライニングホイール付飼育ケージで順化させた後、この特殊ケージに移すと、睡眠リズムの乱れが生じ、1日の行動リズムへの変調も引き起こします。

製品詳細を見る

回転かご付摂餌量測定装置 

回転かご付タイプ 回転かご式自発運動量測定 摂餌量測定機能 給餌制限・摂餌量測定

回転かご付摂餌量測定装置 

製品型番:cFDM-300SS-SW

特許取得済み製品『Feedam シリーズ』に回転かごがつきました。

製品詳細を見る

マウス用 回転かご RW-15

回転かご式自発運動量測定 標準仕様(飼育ケージ式)

マウス用 回転かご RW-15

製品型番:RW-15/RW-15S

高圧蒸気滅菌【オートクレーブ】対応。通常マウスはもちろんのこと、肥満マウス、運動機能の低下した動物、幼若マウス、老齢マウスも無理なく使用できる構造です。

製品詳細を見る

製品情報トップに戻る

カテゴリー

各種サービス

製品のカスタマイズやその他のサービスこちら。

よくある質問

製品についてのよくある疑問点に丁寧にお応えいたします。

メルクエストチャンネルで製品の紹介や使用方法など動画で紹介