製品情報

HOME » 製品情報 » 回転かご式自発運動量測定 » マウス用 回転かご RW-15

RW-15本体。飼育ケージに回転かごを乗せた構造です。餌受けや給水ボトルも付属しています。

拡大する RW-15本体。飼育ケージに回転かごを乗せた構造です。餌受けや給水ボトルも付属しています。

センサー部分は手締めネジで簡単に取り外せます。センサーをはずせば、回転かご、天板ともにオートクレーブ処理が可能です。

拡大する センサー部分は手締めネジで簡単に取り外せます。センサーをはずせば、回転かご、天板ともにオートクレーブ処理が可能です。

表示カウンター CNT-10 (別売り) 弊社回転かごにとりつけます。1日に1回程度、累積回転数をチェックするのに適しています。

拡大する 表示カウンター CNT-10 (別売り) 弊社回転かごにとりつけます。1日に1回程度、累積回転数をチェックするのに適しています。

飼育ケージは2つの異なるサイズをご用意。標準サイズの飼育ケージRW-15(写真右側)と小型タイプRW-15S(写真左側)。小型サイズは省スペースで、多数台設置される方におすすめ。

拡大する 飼育ケージは2つの異なるサイズをご用意。標準サイズの飼育ケージRW-15(写真右側)と小型タイプRW-15S(写真左側)。小型サイズは省スペースで、多数台設置される方におすすめ。

標準サイズRW-15と小型サイズRW-15Sは飼育ケージサイズが異なりますが、回転輪は同じサイズです。設置スペースに応じて、飼育ケージサイズをお選びください。

拡大する 標準サイズRW-15と小型サイズRW-15Sは飼育ケージサイズが異なりますが、回転輪は同じサイズです。設置スペースに応じて、飼育ケージサイズをお選びください。

【RW-15 表示カウンター付】 システム不要の方は目視で回転数を確認する表示カウンターをお求めいただけます。

拡大する 【RW-15 表示カウンター付】 システム不要の方は目視で回転数を確認する表示カウンターをお求めいただけます。

回転かご式自発運動量測定 標準仕様(飼育ケージ式)

マウス用 回転かご RW-15
RW-15/RW-15S

  • RW-15本体。飼育ケージに回転かごを乗せた構造です。餌受けや給水ボトルも付属しています。
  • センサー部分は手締めネジで簡単に取り外せます。センサーをはずせば、回転かご、天板ともにオートクレーブ処理が可能です。
  • 表示カウンター CNT-10 (別売り) 弊社回転かごにとりつけます。1日に1回程度、累積回転数をチェックするのに適しています。
  • 飼育ケージは2つの異なるサイズをご用意。標準サイズの飼育ケージRW-15(写真右側)と小型タイプRW-15S(写真左側)。小型サイズは省スペースで、多数台設置される方におすすめ。
  • 標準サイズRW-15と小型サイズRW-15Sは飼育ケージサイズが異なりますが、回転輪は同じサイズです。設置スペースに応じて、飼育ケージサイズをお選びください。
  • 【RW-15 表示カウンター付】 システム不要の方は目視で回転数を確認する表示カウンターをお求めいただけます。

高圧蒸気滅菌【オートクレーブ】対応。通常マウスはもちろんのこと、肥満マウス、運動機能の低下した動物、幼若マウス、老齢マウスも無理なく使用できる構造です。

製品の特長

長年ご愛顧いただいたマウス用回転かご【RW-15】【SW-15】は、2016年4月よりお客様の声を反映し改良をほどこした【RWC-15】にモデルチェンジしました。すでに【RW-15】【SW-15】をご利用されているお客様で増設をご希望の方を対象に、旧製品も引き続き販売しております。

新規でご検討の方は、ニューモデルをお求めください。

 ↓ ↓ ↓

ニューモデル【RWC-15】の製品ページはこちらから

 

RW-15noriori.jpgのサムネイル画像回転輪の位置が低いから乗り降りしやすい
肥満マウス、運動機能の低下した動物、幼若マウス、老齢マウスなどが回転輪(回転ケージ)に乗り降りしやすいよう設計しました。弊社従来品よりも回転輪の位置が低いため、マウスの乗り降りが容易になっただけではなく、全体高も低いため省スペースです。

 

autocleave.pngオートクレーブ(高圧蒸気滅菌処理)対応で清潔
回転ケージはオートクレーブが可能(高圧蒸気滅菌 121℃ 20分)。また、回転輪を検知するセンサーを天板からはずせば、天板全体もオートクレーブOK。音のしない磁気センサーは非接触。ほこりや汚れに強いものを採用。

飼育ケージに回転かごを組み込んだ構造RW-15kouzou.jpgでお手入れ簡単
居室部に市販の
飼育ケージをそのまま使用し、回転ケージ部をその上に載せた構造です。回転ケージや網も全て取り外せるので、掃除や洗浄は極めて簡単に行うことができます。 長期リズム測定にも対応できるよう、飼育ケージと給水ボトル付で販売しております。弊社の回転かごを使った論文も出ておりますので、論文紹介ページをご参照ください。

 

計測方法は用途にあわせて選べる2タイプをご用意

表示カウンタータイプ
CNT.jpg 1日に1回程度、累積回転数をチェックするのに適しています。弊社回転かごに簡単に取り付けることのできるカウンターです。概日リズム(概日周期)や体内リズム(日周リズム)の研究にご利用ください。

 

PC接続タイプ
actgram.bmp カウンターインターフェイス(CIF-III)で最大96chまで接続し、 時系列データを収集します。専用ソフトウェアで活動のリズムをダブプロットアクトグラムで表示します。短時間計測は勿論のこと、長期間のリズム計測にお使いいただけます(カウンターインターフェイス、ソフトウェアは別売りです)

 

kaitenkago minisystem.jpg ソフトウェアの価格を抑えたミニシステムがお得
回転ケージを使ったリズム計測、運動量測定システムを使ってみたいが、最初はミニマムロットで手軽に実験をはじめてみたい方向けにご用意しました。ソフトウェアの価格を抑えた2台或いは4台限定の導入版で、大変お求めやすい価格で提供しております。
2台ミニシステムセット⇒詳細ページはこちらから
4台ミニシステムセット⇒詳細ページはこちらから

飼育ケージは2種類ご用意しましたRW-15RW-15Shikaku.JPG
標準サイズ【RW-15】・・・当社通常サイズの飼育ケージを使用。マウスが快適に居住できるスペースを確保しています。

省スペースサイズ【RW-15S】・・・小型の飼育ケージを使用。多数台設置される方におすすめです。
ケージサイズは以下の【仕様】をご参照ください。

 仕様

RW-15/RW-15S(マウス用)の仕様
回転かご周長 約0.5m
回転かご内径[mm] 140 (直径)   60 (幅)
居室部[mm] RW-15: 215 (幅) x 320 (奥行) x 140 (高さ)  東洋理工(株)製TP-102
RW-15S: 175 (幅) x  245(奥行) x 125 (高さ)  東洋理工(株)製TP-106
外寸[mm] RW-15: 225 (幅) x 345 (奥行) x 195 (高さ)
RW-15S: 190 (幅) x 260 (奥行) x 180 (高さ)
装備 給水ビン
出力信号 無接触磁気センサーによる信号、1回転につき1パルス

この製品へのお問い合わせ・資料請求

この製品へのお問い合わせ・資料請求は、お電話または下記フォームよりお問い合わせください。
また、「」印部分は必須項目となります。必要事項を入力し「確認画面へ」ボタンをクリックしてください。
確認画面に誤りがないかご確認の上、送信してください。

問い合わせに関しましてはお客様のメールアドレスに自動返信メールをお送りいたしております。自動返信メールが24時間以内に届かない場合、メールアドレスの誤記入、スパムメールのフィルターによる不達が考えられます。再度お送りいただくか、直接「info(アットマーク)melquest.com」までお送りください。(アットマークを@に変換ください)

マウス用 回転かご RW-15についてのお問い合わせ・資料請求フォーム
お問い合わせ内容 お問い合わせ 資料請求
お名前(漢字)
お名前(ひらがな)
所属機関
部署名・役職
郵便番号 例)123-4567
都道府県
ご住所
携帯or電話番号 例)076-000-0000
FAX番号 例)076-000-0000
メールアドレス 半角英数で入力
コメント
ご質問・ご要望等ありましたら
お書きください

  

カテゴリー

各種サービス

製品のカスタマイズやその他のサービスこちら。

よくある質問

製品についてのよくある疑問点に丁寧にお応えいたします。

メルクエストチャンネルで製品の紹介や使用方法など動画で紹介