製品情報

HOME » 製品情報 » 学習・記憶・行動科学 » 受動的回避実験装置 (パッシブアボイダンスシステム)

マウス用センサー付パッシブアボイダンス

拡大する マウス用センサー付パッシブアボイダンス

【実験手順のイメージ1】獲得試行:マウスは暗い場所を好むため、ゲートを上げると明箱から暗箱へ移動します。

拡大する 【実験手順のイメージ1】獲得試行:マウスは暗い場所を好むため、ゲートを上げると明箱から暗箱へ移動します。

【実験手順のイメージ2】獲得試行:マウスが暗箱に移動したことを確認したらゲートを閉じます。床下のグリッドから自動的に電気ショックがかかります。

拡大する 【実験手順のイメージ2】獲得試行:マウスが暗箱に移動したことを確認したらゲートを閉じます。床下のグリッドから自動的に電気ショックがかかります。

ラット用パッシブアボイダンス専用ケージ

拡大する ラット用パッシブアボイダンス専用ケージ

マウス用センサー付パッシブアボイダンスシステム。システムは専用ケージ、ステップスルータイマー、フットショック用のショックジェネレーターの3つから構成されます。

拡大する マウス用センサー付パッシブアボイダンスシステム。システムは専用ケージ、ステップスルータイマー、フットショック用のショックジェネレーターの3つから構成されます。

パッシブアボイダンス 学習・記憶・行動科学

受動的回避実験装置 (パッシブアボイダンスシステム)
MPB-M020/MPB-M001/MPB-R020/MPB-R001

  • マウス用センサー付パッシブアボイダンス
  • 【実験手順のイメージ1】獲得試行:マウスは暗い場所を好むため、ゲートを上げると明箱から暗箱へ移動します。
  • 【実験手順のイメージ2】獲得試行:マウスが暗箱に移動したことを確認したらゲートを閉じます。床下のグリッドから自動的に電気ショックがかかります。
  • ラット用パッシブアボイダンス専用ケージ
  • マウス用センサー付パッシブアボイダンスシステム。システムは専用ケージ、ステップスルータイマー、フットショック用のショックジェネレーターの3つから構成されます。

抗健忘作用を目標とする抗認知症薬の薬効評価、記憶学習、学習行動の評価等にお使いください。

製品の特長

マウス用ラット用.bmp 動物が明室から暗室に入った際に電気刺激を与えることにより、暗室への進入とショックの恐怖を関連づけて記憶させる試験(受動的回避試験)に使用する装置です。この実験はステップスルー(Step-through)型受動的回避実験とも呼ばれます。 
パッシブ獲得試行スタート-1.png

 ゲートを開くと計測スタート
ゲートを開くと、タイマーが作動します。ゲートを閉じると計測停止。動物が暗箱に入ったことを確認してゲートをおろします。 (センサー付の場合)

本装置を利用した論文が出ています。論文情報はこちらから

システム構成

MPB-M020_構成.jpg

※ストップウォッチを用いて手動で測定するマニュアルタイプをお選びの場合は、センサーなしケージとショックジェネレーターSG-1000Eの構成になります(センサーなしタイプ)。
※上写真はマウス用です。ラット用もございます。

本装置の使用例はこちらから

仕様

ケージ
適応動物 マウス ラット
センサーの有無 センサー付 センサーなし センサー付 センサーなし
型式 MPB-M020 MPB-M001 MPB-R020 MPB-R001
明室寸法 100(w)×100(D)×145(H) 200(w)×200(D)×200(H)
暗室寸法 180(w)×180(D)×145(H) 200(w)×200(D)×200(H)
出入り口サイズ 50(w)×50(H) 80(w)×80(H)
グリッドサイズ φ3、 10mm間隔 φ6、 14mm間隔
付属品 明室用プレート、プラットホーム、仕切りドア、トレイ

 

ステップスルータイマー
型式 ST-10
外観寸法 160(w)×230(D)×72(H)
電源 85~264v AC
ショックジェネレーター
型式 SG-1000E
外観寸法 320(w)×230(D)×72(H)
出力電流 0.1~5.0mA(0.01mA 単位)
電源 AC100V

「受動的回避実験装置 (パッシブアボイダンスシステム)」と関連性のある商品

行動解析装置 SCANET-40シリーズ

新奇物体探索実験 立上り回数 行動解析 行動軌跡描画 運動距離測定 運動量

行動解析装置 SCANET-40シリーズ

製品型番:MV-40 / SV-40 / CV-40

高密度に配置した赤外線センサーを用いて、マウス・ラットの行動解析を行う装置です。1台の装置で、自発運動量、薬物依存作用や抗不安、学習記憶テスト、抗うつスクリーニングテスト、恐怖条件付け実験など10個以上の実験モードに対応しているため、実験毎に測定装置を買い揃える必要がありません。

恐怖条件付け実験

学習・記憶・行動科学 恐怖条件付実験

恐怖条件付け実験

製品型番:FC system

恐怖条件付け(フィアコンディショニング)およびコンテキシャルラーニングの実験を行うための装置です。PTSDなどの不安関連障害や情動行動異常の研究に。

社会的敗北ストレス試験

学習・記憶・行動科学 社会的敗北ストレス試験 行動解析

社会的敗北ストレス試験

製品型番:SDS mode

社会的敗北ストレス試験では、マウスをより大きなマウスのいるケージで共存させることにより、社会的回避(引きこもり)や快感消失などの抑うつ関連行動をおこさせます。大きなマウスからストレスを与えられた後のマウスの行動を測定します。

関連のよくある質問

この製品へのお問い合わせ・資料請求

この製品へのお問い合わせ・資料請求は、お電話または下記フォームよりお問い合わせください。
また、「」印部分は必須項目となります。必要事項を入力し「確認画面へ」ボタンをクリックしてください。
確認画面に誤りがないかご確認の上、送信してください。

問い合わせに関しましてはお客様のメールアドレスに自動返信メールをお送りいたしております。自動返信メールが24時間以内に届かない場合、メールアドレスの誤記入、スパムメールのフィルターによる不達が考えられます。再度お送りいただくか、直接「info(アットマーク)melquest.com」までお送りください。(アットマークを@に変換ください)

受動的回避実験装置 (パッシブアボイダンスシステム)についてのお問い合わせ・資料請求フォーム
お問い合わせ内容 お問い合わせ 資料請求
お名前(漢字)
お名前(ひらがな)
所属機関
部署名・役職
郵便番号 例)123-4567
都道府県
ご住所
携帯or電話番号 例)076-000-0000
FAX番号 例)076-000-0000
メールアドレス 半角英数で入力
コメント
ご質問・ご要望等ありましたら
お書きください

  

カテゴリー

各種サービス

製品のカスタマイズやその他のサービスこちら。

よくある質問

製品についてのよくある疑問点に丁寧にお応えいたします。

メルクエストチャンネルで製品の紹介や使用方法など動画で紹介